FC2ブログ

仕事の喜び

前回のブログで「特別な一本を作る喜び」と書いた。
「特別な一本を作れる」としなかったのは理由があります。

スタイリストさんだってちょっと粋なコーディネイトでお客様に
アドバイス出来ることが仕事の誇りであるし喜びでしょう。

そんな風に売り場でお客様に合わせてアレンジ出来たら素敵だし、
売り場のスタッフにとっても単に商品選びのお手伝いからちょっとだけ
踏み込めることが喜びになって欲しい。
そんな思いからです。

コンセプトYも特注を始めた頃は、ちょっと不安でした。しかし、
続けているとスキルも上達するし、いつのまにか楽しくなってました。
「一手間加えるだけでこんなに喜んでもらえるならば」とやりがいにな
ってきます。
そうです。お客様の喜びが私達の喜びなのですから、そうでなけれ
ば15年間も続けられませんでした。

Y2もそうなって欲しい。
コンセプトYのDNAとはカスタマイズ出来る事ではなくて、させて頂ける
喜び、なんかそんな感じなんです・・解りずらいですか~(^^;
もうその土壌は出来上がっていますからねっ!

DSCN8734.jpg

Y2のファーストロットの一部がメッキ上がりです。

Y2とは

ホームページが近日中にリニューアルされます。
そこに書き入れた文面です。

Y2とは

コンセプトYよりも軽く、丈夫であること。
お客様に合わせた様々なカスタマイズが容易に出来ること。
そして、将来は産地に還元できるデザインであること。

Y2はこの高いハードルを「フルナイロール」の
ハードウェアでクリアしました。
軽く丈夫なだけでなく、「お客様に合わせた特別な一本を
作る喜び」のDNAはコンセプトYからY2に引き継がれ
ていきます。


ISAO2.jpg

知り得た苦しみ

「コンセプトYは量産に向かない」
とこのブログで書いてきました。

それは、コンセプトYは手作り品で、お客様に合わせた
様々な特注品がオーダー出来ると言う意味です。
しかし、この特注は誰でも出来る訳ではありませんので
量産に向かないのです。

実際にはコンセプトYの量産品として、Y-CONCEPTが
流通しています。
しかし、特注までは踏み込めていません。

私は売り場とのリレーションシップからサイズが合わなくて困っている
方が沢山いることを知りました。
ですから、お客様に合わせたレンズサイズや、ブリッジサイズの変更の
出来る商品でなければコンセプトYの後継モデルとは言えないのです。
俄然ハードルが高くなります。

これは知り得た苦しみかも知れません。
だけど知らない事より100倍は良い。

そこから生まれたY2は単に「軽くて丈夫」なだけのフレームではありま
せん。
凄い能力が潜んでます。知り得た苦しみはやがて力になる。

RINA3.jpg

知らない幸せ

2004年にコンセプトYでグッドデザイン賞を受賞しました。

そこに書いたエントリーの概要に
「成人の眼球間距離は58~66mmである」と当時の私は書きました。
今はただ恥ずかしく思います。
当時私は眼鏡デザイナーとして20年のキャリアを積んでいたのに
なんにも知りませんでした。
テンプルの長さにしても、標準より10mm長いのを準備しておけば
オッケーと思ってました。全然ダメですね。。

私のデザイナーとしてのキャリアは「店頭に並べる商品をデザインするだけ」
だったのです。

職人になって初めて見えてきた世界。
それは、私が想像していたよりもずっとずっと千差万別でした。

デザインは価値観の多様化に目が向きがちです。
きっとそこで目が曇ってしまうのでしょうね。

デザイナーは沢山居るけれど、知らない幸せの中でデザインしてい
るのでしょう。・・私がそうであったように。。

リレーションシップ

コンセプトYの15年間の最初の10年は職人として楽しかった。
何よりもの収穫は、売り場を通してお客様の悩みが私に届いたことでした。

では、きっとこうしたら良くなるのではと私の提案が出来た。
それが特注ですが、それがなかったら今の私は無い。
スキルアップは出来ても、頑固な職人になっていたはずです。

単にカッコ良いものや流行りのものを作って売るのにもセンスは必要です。
そして良い商品を作るにはスキルが必要です。

鯖江産地にはそのセンスとスキルがあります。
ですが、作り手から売り手、あるいは売り手からの要望で作るだけ
と一方通行なのです。

私は作り手として何が出来るかを売り場に伝え、売り場は何が必要かを
しっかり返してくれました。
このリレーションシップによって私は知り成長できたのです。

何を知ったの?・・続きは次回に(^^)
プロフィール

ONEOFF工房

ONEOFF工房

ONEOFF工房代表の兵井伊佐男と申します。
ONEOFF工房 本サイト>>

カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク