FC2ブログ

険しい道のり

Y2でPDを狭くした例です。
DSCN9112.jpg
次は広くした例です。
DSCN9111.jpg
前回のプログで人の顔は千差万別と書きました。
同じように体形も千差万別ですね。
だけど身に着けるウエァーは様々なサイズが用意されてい
ます。LLサイズ専門のお店もありますね。
気に入ったデザインで動きやすいサイズのウェアーを選ん
で皆が「それいいね~」と言ってもらえたら満足ですよねっ!

さて、眼鏡の場合はどうでしょう。
好みのデザインが見つかって、掛け心地も良し、良く似合っている
と言われた場合でも目の位置とレンズの中心が大きく偏心して
いる場合、例えば宮川大輔さんの場合。
d0897e9bf05ab91579e9a5675c61201bf280c49f.jpg
このメガネ良くお似合いです。最近このメガネばかりなのでお気に入り
なのでしょう。
掛け心地もきっと良いのでしょう・・・さて、洋服や靴であったら
ここまでです。

ちなみに宮川さんは目は良いのです。ですのでレンズを入れてい
ません。仮に彼が強度の近視であったら、まず顔の輪郭が痩せて
見えますので、このデザインは似合わなくなります。
またレンズは偏心して装着するので外側が厚く重い眼鏡になるの
で掛け心地も良くなりません。
レンズを入れてないダテメガネだったらそりゃあどんな眼鏡でも軽
くて快適ですよね。
その世界が眼鏡の「ファツション化」です。

全ての人に快適な眼鏡を作るのはとても険しい道のりです。
コンセプトYもY2もその道を歩んでおります。

確率

画像はウィルスミス氏です。
WS006270.jpg
そして森喜朗氏です。
森喜朗
人の顔立ちは千差万別です。
普段私たちは特に違和感も感じなく見過ごしています。
しかしこの二人がメガネが必要になったら、どうでしょう。
しかしそれなりに似合うメガネはあるのです。
現に森さんはプラ枠のメガネを掛けておられてお似合いです。
しかし、この二人が強度数であった場合に快適な眼鏡が提供で
きるでしょうか?

私は眼科医ではありませんから目の間隔が極端に広い、または
狭くてその上強度近視や斜視、強度の遠視の方がどれ位おられる
のかデーターはありません。
私の想像ですが、5,000人に一人~10,000人に一人の確率では
ないでしょうか。
これはパーセントで表せば0.05%~0.01%となります。
とても小さい数字です。
ですが、確実におられます。

例えば東京でしたら0.05%として6,500人、日本国内には
6万人。全世界には385万人。
10,000人に一人の確率としても、東京で1,300人。
日本国内で12,000人。世界では77万人はおられるのです。

Y2特注

徳島のアイクラフトさんからの特注です。

Y2-03のブリッジを14mmで製作希望です。
ノーマルは17mmなのでできるかどうか・・・

DSCN9186.jpg

ブリッジ幅は15mmまで狭めましたがこれが限界です。
Y2の限界は最小が15mm、最大が35mmです。
下の画像が35mmで製作した例になります。

DSCN9158.jpg



さくらカラーで

11日に同窓会があったので自転車で向かいました。
どうして自転車かって?
ビールが飲みたいからです~(^^;
福井から勝山までおよそ30km・・炎天下の中ノロノロと
二時間半掛けてたどり着きました~(笑)
アベレージ速度は12km/h・・トホホ
ちょっと体力を試してみましたが無理は禁物と悟りました。
無理さえしなければまだなんとかなりそうですね。

さて、Y2-03をコンセプトYのさくらカラーで製作しました。
コンセプトYのカラーで特注すると・・

①二~三週間納期が掛かります。
②価格が上代で2,000~3,000円高くなります。
③テンプルの内側のブランドマークが付きません。
④つや有りのゴールドは出来ません。

DSCN9182.jpg
Y2-03(さくら)


COSYさんから

千葉県のCOSY(コージー)さんからのご注文です。

Y2-09のレンズ横幅を38mm→40mm
       ブリッジ幅を26mm→28mm

DSCN9179.jpg

フレームPD68mmのワイツーゼロナインの完成です。

日本中猛暑ですねっ! 福井も連日35度です。
DSCN8368.jpg
茶々丸もあじい~

プロフィール

ONEOFF工房

ONEOFF工房

ONEOFF工房代表の兵井伊佐男と申します。
ONEOFF工房 本サイト>>

カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク