FC2ブログ

職人への道

いまから28年前の話である。

私はフリーター生活を経てメガネ業界に入った。
産地では大手のメガネメーカーのデザイン室勤務だった。

当時デザイナーは10名程だったと思う。
デザインが選定されるとそれを図面にして
別棟にある試作室に行って職人に試作を依頼する。

私は試作室が好きだった。
職人は5~6人だったと思うがそれぞれ個性的というか
人間味に溢れていた。
モノを作るプロ集団として私は試作室を尊敬していた。

ある時、図面どおりに試作が出来上がったのだが、どうしても
気にいらないところがあり、室長に修正を頼んだ。

「わかった、やっておく」と言ってくれたが、何時までたっても
やってくれない。

そこで、自分でやり方を教わって直した。

そんなことが何度かあるうちに、室長が私に机を用意してくれた。

私はデザイン室と試作室の両方に机があるデザイナーとなった。

その室長はもういない。

私も28年経ってその室長に近い年齢になった。

いまになって室長の気持ちも良く解かる。

たぶん私は生意気な若造だったはずです。

そして室長は大人だった!

私は大人になっただろうか・・・




プロフィール

ONEOFF工房

ONEOFF工房

ONEOFF工房代表の兵井伊佐男と申します。
ONEOFF工房 本サイト>>

カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク