FC2ブログ

スマイルの解説

Y-SMILEは略してスマイルと呼んで下さい。

このメガネを使う人、売る人、作る人、全ての人がスマイルになれる
メガネを目指しています。

スマイルのベースフレームは2タイプがあります。

DSCN7976.jpg

上のシャープなフレームが1シリーズで下のやや丸い方が2シリーズです。
今回は2シリーズを中心に解説します。

YS202rbf.jpg
            48□16天地31
画像はYS202(レッド/ブラック)です。
他に玉方違いでYS201とYS203がありますが、ナイロールタイプなので
レンズサイズは自由になります。

DSCN7978.jpg
            50□16天地41
上の画像は大きめのレンズを入れた例で天地は41mmもあります。

DSCN7979.jpg
             44□16天地28
このフレームは逆に小さく作った例です。

人間は工業製品ではありませんから様々なお顔立ちの人がおられます。
また、メガネの処方と用途によってもデザインが限定されてきます。
今まではお店の品揃えの中から一本を選ぶ作業でしたが、例え1、000本の
品揃えがあったとしても、殆どの御客様は妥協をしいられています。
それがコンセプトYの特注受注に繋がっていると考えているのです。

スマイルは小売店とお客様が品揃えの中から選ぶのではなくて、
小売店様が御客様に寄り添って「御客様だけの特別な一本」を作る
ことの出来るメガネとして開発しました。

DSCN7983.jpg

ワンオフ工房はサポートとして、アレンジ例のレンズをシリーズごとに
6パターン用意していますが、これはあくまで一例です。

DSCN7984.jpg

さらに各店舗様に専用のオーダーシートを配布しています。
オプションカラーも含めるとフロントとテンプル、テンプル芯のカラーの組み
合わせは144通りにもなります。
これにレンズサイズは小売店で自由にデザイン出来ますから、御客様
にしっかり寄り添ったご提案ができるはずです。

さて、レンズの世界はフレームデザインよりもずっとずっと進んでいて
御客様の処方に合わせて特注がもはや常識になっています。
なので、御客様にもっと寄り添った提案ができるフレームがあるべきだ
と思います。
その一例がコンセプトYで、コンセプトYは特注がもはや常識というか、
当たり前になった希なメガネです。
しかし、手作り故に数に限度があり、4年前から取り扱い店舗は増や
していませんがスマイルは新規取り扱い店舗様を募集しています。

最後は営業になってしまいました(笑)









プロフィール

ONEOFF工房

ONEOFF工房

ONEOFF工房代表の兵井伊佐男と申します。
ONEOFF工房 本サイト>>

カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク