FC2ブログ

レンズへのリスペクト

フレームデザインを主役とするとレンズはずっと脇役でした。

例えば、かっこ良くする為にレンズを寝かせたサングラスのようなフレー
ムをデザインすれば、レンズメーカーはフレームのあおり角度に合わせた
補正が出来るレンズを開発すると言った具合にです。
つまりフレームデザインが主でレンズが従のような関係ですね。

フレームが売れればレンズも売れる。
だからレンズメーカーも協力してきたのでしょう。
しかしメガネを光学商品として捉えて、真剣に考えればそのような余計
なものは全て無くなります。

私のコンセプトは「目とレンズ」です。
目の直前に適当なサイズのレンズを配置出来ればフレームは無くたっ
て良いのです。

しかし、レンズは無くなってはなりません(笑)

今日の結論。やっぱり、メガネはレンズが主役です。。

それと、今の技術ではフレームも無くなりませんがね・・(^^;

その大切なレンズの脇役になってレンズの性能を最大限生かせる
ように工夫したのがY2です。
先日の動画での「レンズの移設」もその中の一つの機能です。

今まではフレームに合わせてレンズを加工していました。
Y2はレンズに合わせてフレームを加工(調整)出来るのです。

Y2の開発の根底にはレンズへのリスペクトがあるのです。


プロフィール

ONEOFF工房

ONEOFF工房

ONEOFF工房代表の兵井伊佐男と申します。
ONEOFF工房 本サイト>>
Y2 Channel(Youtube)>>

カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク